前立腺生検

前立腺がんとは

前立腺生検とは

前立腺がんの患者数は、近年増加傾向にあります。
前立腺がんの診断に不可欠であるのが、「前立腺生検」という組織検査です。
前立腺生検は、特殊な針を前立腺に刺し、組織を採取することを言います。
がんがあった場合にその後の治療を正しく選択するためには、前立腺生検で、がんの有無だけでなく、その悪性度と大きさを正確に評価することが重要になります。
泌尿器科専門医のきつかわクリニックでは、検査の治療のことまで考え原則、生検前に前立腺MRIを撮影します。
さらにMRIの情報を元にし、2本の経直腸前立腺超音波プローブを使い分け、前立腺立体生検という方法で、前立腺がんの診断を行っております。

前立腺生検の種類

大きく「会陰」と呼ばれる陰嚢と肛門のあいだの皮膚から行う「経会陰生検」と、直腸から行う「経直腸生検」の2種類があります。多くの施設ではどちらか一つのアプローチを選択していますが、港区きつかわクリニックでは両者を併用して行うことができます。
これは、いずれのアプローチでも単独だとがんを検出しにくい場所が存在するためです。
両者を併用することで死角が減り、前立腺がんを効率的に検出することができます。
実際に、同じ本数の組織を採取した場合、1方向よりも2方向(立体生検)の方が、がんの検出率が有意に高くなることが確認されています。
これらの2つの種類の生検を同時に使用して行う方法を「前立腺立体生検」と呼び、当クリニックの医院長は前勤務先のがん研有明病院で多くの患者さまに施行させていただいております。

(神楽坂神楽坂ホームケアクリニック 久保雄一院長先生ご提供)

しかしながら、がんが発生する部位によっては、通常の生検だと針が届きづらく見逃されることもあります。そのため生検前に前立腺のMRIを撮影し、疑わしい病変を別途狙って行う「狙撃生検」もきつかわクリニックでは追加可能です。

前立腺生検の麻酔

会陰生検では前立腺周囲の多くの筋膜や、海綿体白膜が存在するため、局所麻酔での検査は困難とされ、下半身麻酔が全身麻酔にて行っている施設が大半で、そのための入院が必要な場合が多いです。
港区きつかわクリニックでは基本的には局所麻酔で日帰り前立腺生検が可能です。
PATと呼ばれる前立腺の周囲組織に局所麻酔薬を注射することにより、局所麻酔による経会陰生検が可能となります。
東京医科歯科大学で考案された方法で、熟練した術者が行うと非常に痛みの少ない検査が可能になります。
PAT麻酔施行による痛みのアンケート調査では検査の痛みの調査したところ(0点を無痛、10点を我慢できない痛みとして記載)、経会陰生検で3.2点、経直腸生検で2.8点と良好な結果が得られております。(第99回に泌尿器科総会発表より)
当クリニックでは、前立腺会陰生検を多くこなしている医院長が生検を行いますので安心してお受けいただけます。
局所麻酔での検査では、検査後すぐに歩行、食事、排便排尿が可能で、尿道に管を入れないで良いというメリットがあります。
デメリットとしては、局所麻酔薬を注射する際の痛み、検査中の肛門の違和感があります。 また、個人により非常に麻酔が効きにくい場合もあります。

(神楽坂ホームケアクリニック 久保雄一院長先生ご提供)

前立腺生検の合併症

前立腺に多数の針を刺す検査ですので、出血関連の軽微な合併症はしばしば起こります。
具体的には直腸出血(便に血が混じる)、血精液症(精液に血が混じる)、血尿などです。
生検の影響で前立腺が一過性に腫れるため、しばらくおしっこが出にくくなることがあります。
多くは治療しなくても自然によくなります。また入院が必要な合併症は1%以下で起こるといわれ、それらの大半は前立腺炎、熱発です。
非常にまれですが、麻酔によるショック、頭痛、神経障害などが、また検査前には予想できないような重篤な合併症(脳卒中、心筋梗塞、肺塞栓症など)が起こることもあります。
それ故、ひどい糖尿病をお持ちの方、抗凝固療法が行われている方は入院施設のある病院での検査をおすすめしております。


きつかわクリニックでの「前立腺生検」の流れについて説明いたします。

ご自宅での準備
同意書をご持参いただいた患者さまに再度、リスクについて説明します。
ご納得いただいたあとに問診と血圧、体温測定を行います。

来院後内服薬・体調の確認と同意書の確認を行います。
同意書をご持参いただいた患者さまに再度、リスクについて説明します。 ご納得いただいたあとに問診と血圧、体温測定を行います。

生検の準備
生検用の検査着に着替えていただきます。
検査台に仰向けに寝ていただき、心電図計、血圧計、酸素モニターを装着させていただきます。
その後、抗菌剤の点滴を始めます。点滴が半分落ちたところで、体位をとっていただきます。
具体的には載石位になっていただき、陰嚢をテープで拳上した状態にさせていただきます。

前立腺超音波検査
肛門から直径2㎝の超音波プローブを挿入し、前立腺の様子を観察します。
また、前立腺体積などの測定を行います。
ここの超音波プローブを挿入するときの痛みが、針を刺すときよりも痛いと言われる患者さまもいらっしゃいます。

局所麻酔
会陰部を十分に消毒し、実際に針を刺していくところを麻酔します。
陰嚢と肛門の間の皮膚に麻酔をします。その後、前立腺先端周囲のPATエリアに十分局所麻酔を行います。
ここのPATエリアの麻酔の際に少々痛みを感じます。

経会陰式前立腺生検
局所麻酔が十分効いたことを確認し、会陰よりの生検を行います。
立体生検で行う場合は8か所、会陰生検のみで行う場合は14か所の採取になります。
「狙撃生検」を行う場合も、会陰からターゲットを狙います。

経直腸生検
続いて直腸的な生検に移ります。超音波のプローブを入れかえます。
麻酔は⑥で充分効いていますので、ここでは行いません。
おおよそ6か所の生検を行います。

出血の確認
尿道や肛門から出血の具合を確認します。
ひどい出血がなければ検査は終了になります。
1時間ほどお休みいただき、問題がなければご帰宅いただきます。
通常は、血尿がでますので当日はご自宅安静にし、前もって処方されているお薬を内服していただきます。

病理診断の結果は次回外来受診時(生検の1~2週間後)に外来にて説明いたします。

以上の方法により、がんの有無だけでなく、その悪性度と大きさもなるべく正確に評価し、その後の治療を適切に選択できるようにしております。
検査は、原則とし外来で行っています。検査のスケジュール、その他詳細につきましては、外来受診時にお訪ね下さい。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日:日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP