感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)は、ウイルスなどが原因となって発症する胃腸炎(嘔吐下痢)のことです。
ウイルス(ノロ、ロタ、アロタ、アデノなど)や細菌(病原性大腸菌、サルモネラ、キャンピロバクターなど)が有名です。
症状は、病原体により異なり個人差もありますが、下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などをきたします。
症状が重い場合は脱水症状をおこすこともあります。

感染経路(ノロウイルス、ロタウイルス)

秋から冬にかけて流行します。
感染経路はほとんどが経口感染で、患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐物から人の手などを介して二次感染した場合や、ヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合などあります。
生カキを食べて食中毒を起こすことが有名な秋〜冬に流行するのがノロウイルス、乳幼児に多く脱水症で入院することもあるのがロタウイルスとなります。

【ノロウイルス】

症状 吐き気、嘔吐、腹痛、下痢など、37~38度ほどの発熱。
潜伏期 24〜48時間
治るまで 数日

ノロウイルス感染は下痢だけでなく、激しい嘔吐を引き起こすのが特徴です。
免疫力の強い大人の場合感染しても発症せず、風邪のような症状でおさまる場合もありますが、免疫力の低下した乳幼児やお年寄りの場合は症状が重くなる場合があります。


【ロタウイルス】

症状 激しい嘔吐・下痢(白色調〜レモンイエロー)、39度以上の発熱。
※ 大人を含めた家族発症を認めた場合はロタよりノロウイルスの可能性。
※「白色下痢」はロタウイルスだけの症状ではなくほかの胃腸炎でもみられます。
潜伏期 24〜72時間
治るまで 1週間

下痢症状がひどいからと下痢止めを服用すると、ウイルスが腸管内に溜まり回復を遅らせてしまいます。
また嘔吐物によって気道が塞がり、「窒息」を起こすことがあるので、注意が必要です。

冬季以外の胃腸炎では細菌(病原性大腸菌、サルモネラ、キャンピロバクター等)が原因の場合も考えられます。
その場合発熱や血便が特徴的で、抗生物質を使用する場合もあります。

治療

ウイルスを原因とする感染性胃腸炎への特別な治療法はなく、症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。

嘔吐の症状がおさまったら少しずつ水分を補給し、安静に努め、体力を消耗しないように栄養を補給し、回復期には消化しやすい食事をとるよう心がけましょう。

脱水症状がひどい場合には点滴を行うなどの治療が必要になります。

細菌の場合は抗生物質を使用する場合もあります。

予防のポイント

手洗いの徹底が重要となります。
手洗いは指輪や時計をはずして、せっけんで30秒以上もみ洗いし流水で流しましょう。
オムツを交換するときには使い捨て手袋の利用、マスクエプロンの着用、捨てる場合はポリ袋などに入れます。

衣類が便や吐物で汚れた場合は、次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤)で消毒した後、他の衣類と分けて洗濯をしましょう。
アルコールなどの消毒薬ではあまり効果がありません。

カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱するのが大切です。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日 日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP