泌尿器科三田の泌尿器科・内科なら、きつかわクリニックへ | 東京港区芝

外来診療時間
8:30~19:30 radio_button_unchecked radio_button_unchecked radio_button_unchecked radio_button_unchecked radio_button_unchecked star remove
phone_android050-5846-6397

TEL

star土曜/9:00~13:00 休診日/日祝
医師の御希望がある場合は予約の際に指定下さい

泌尿器科

泌尿器科とは

泌尿器科は決して男性だけが受診する診療科ではありません。泌尿器科の診療範囲は幅広く、腎臓や尿管、膀胱、前立腺そして尿道などの、尿を作るところから排出するまでの尿に関係する臓器のすべてを扱っております。具体的な病気としては以下のものが挙げられます。

頻尿夜間頻尿尿失禁膀胱炎尿道炎腎盂腎炎前立腺炎精巣上体炎骨盤疼痛症候群過活動膀胱神経因性膀胱尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)陰嚢水腫性行為感染症クラミジア感染症淋菌感染症尖圭コンジローマなど)、腎細胞がん、膀胱がん前立腺がん、精巣腫瘍などです。

港区泌尿器科専門医のきつかわクリニックでは血尿の原因診断及前立腺癌検診(PSAマーカーも含む)などの癌検診に力を入れるとともに、ED(勃起不全)LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)AGA治療も行っております。また、女性特有の排尿の悩みに対しても、医師、看護師、運動指導士、管理栄養士がチームとなって悩みを解決出来る様に様々な治療や診療も行なっております。

女性泌尿器科について詳しくはこちら»

こんな症状の際にご相談ください

排尿等に関して

男性特有の悩み

その他に関して

泌尿器科の主な病気

前立腺肥大症

症状は、尿の回数が多い、残尿感がある、尿が出にくい、尿が間に合わない、尿が漏れるなどです。
50才以上になり、上記のような排尿障害があれば早めにご相談ください。
現在では薬物療法(内服薬での治療)が主な治療法です。α1遮断薬や5α還元阻害薬、生薬、漢方薬など様々なお薬があります。重度な場合は、専門施設での手術療法をお勧めすることもあります。

前立腺肥大症について詳しくはこちら»

前立腺がん

前立腺がんの患者さんは最近増えております。前立腺がんの特有の症状はありませんが、前立腺肥大症と併存することも多く前立腺肥大症の症状で見つかることもあります。 前立腺腫瘍マーカー(PSA、前立腺特異抗原)が特に有効で、採血(血液検査)で早期発見できる癌ですので、50才以上の方は一度は検査を受けられることをお勧めします。

「PSAが基準値を超えている!?」詳しくはこちら»

前立腺がんの確定診断には前立腺の組織検査が必要です。東京の駅チカのきつかわクリニックでは、経直腸エコーで前立腺を観察しながら、局所麻酔を用いて十分に痛みを取り除いた後、バイオプティガンという優れた生検器具を使用し組織を採取する日帰り前立腺生検を外来検査として行っています。

「痛みの少ない前立腺生検!」詳しくはこちら»

前立腺がん治療には手術や放射線療法、ホルモン療法があります。 当院では放射線治療の術前・術後を含むホルモン療法、手術療法、放射線療法後の経過観察、最近話題であるPSA監視療養を行っています。 また、放射線治療用マーカーの留置も外来で行っております。

前立腺がんについて詳しくはこちら»

前立腺炎

前立腺炎には細菌の感染による細菌性前立腺炎と細菌の感染が明らかではない非細菌性慢性前立腺炎があります。また、前立腺の炎症はあるけれど巣状のない無症候性前立腺炎があります。単に前立腺炎といわれる場合は、細菌性前立腺炎を示す事が多く、慢性前立腺炎と言われる場合は、非細菌性慢性前立腺炎を指します。


急性細菌性前立腺炎

前立腺炎と言われた場合は、多くの場合は急性細菌性前立腺炎を指します。前立腺炎は急性の場合の多くは細菌による感染で、高熱(発熱)や排尿困難、排尿痛や残尿感,頻尿症状を伴います。抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。症状が強い場合や高齢者などは入院し点滴治療が必要な場合もあります。

慢性細菌性前立腺炎

前立腺に細菌の感染を生じ、頻尿、残尿感(ざんにょうかん)、会陰部の不快感、排尿困難が出現します。急性細菌性前立腺炎との違いは、激烈な症状はすくなく比較的おだやかで、発熱が認められないことが多いです。治療は抗菌薬の内服で行ないますが、急性前立腺炎よりも長期間の内服が必要です。

慢性前立腺炎(CP)と慢性骨盤疼痛症候群(CPPS)

慢性前立腺炎はあまり一般的な病気ではありませんが、年齢は20~40代の若い世代に多くみられます。細菌性でおこる細菌性前立腺炎とは区別されています。症状は会陰部不快感・排尿時排尿後の痛み・射精時射精後の痛み・精液に血が混じるなど様々な症状を呈し、程度もさまざまで潜在的な患者さんの数は多く、すべての男性の約5%がこれらの症状を経験していると言われます。治療もさまざまですが、症状が改善するまでは数か月かかることも多くあります。田町・三田の「きつかわクリニック」で根気よく確実な治療と生活習慣の改善を続けていきましょう。

慢性前立腺炎(CP)と慢性骨盤疼痛症候群(CPPS)について詳しくはこちら»

尿道炎

おしっこの時に痛み、しみる感じ、かゆみがある、おちんちんの先から膿や汁が出る、おしっこの出口や尿道の出口が赤くなっている、亀頭が赤く腫れているなどの症状があります。最近1~3週間以内に性行為がある場合は尿道炎の可能性があります。尿道炎はクラミジア・トラコマチスが原因の、クラミジア性尿道炎とその他が原因の非クラミジア性尿道炎に分けられています。

クラミジア性尿道炎

クラミジアが原因で起こる尿道炎です。比較的さらさらした尿道分泌液が特徴です。抗生物質の内服で治療が可能です。症状が軽快しても完治していないこともあり治癒の確認が重要です。

クラミジア感染症について詳しくはこちら»
非クラミジア性尿道炎

淋菌性尿道炎の割合が多く、症状もクラミジア尿道炎と比較すると重症です。いわいる膿が尿道口から沢山の膿がでてきて痛みも強いです。内服薬での治療に抵抗を示す事が多く、点滴治療がスタンダードとなっています。

尿道炎になった場合、特定のパートナーがいる場合は同時に検査、治療が必要かもしれません。女性の場合は尿ではなく膣の奥、子宮頸管の粘液から検査をおこないます。自分だけ治療してもパートナーが感染していれば再感染してしまいます。女性の場合は不妊の原因に、男性の場合は尿道狭窄の原因となりますので注意が必要です。

膀胱炎

膀胱炎は、女性の方でおしっこをするときに痛い、下腹部痛がある、尿が近くなる、何度もトイレに行きたくなるなどの症状が急にでます。放っておくと、つらい痛みや血尿、さらには、高熱の原因となる腎盂腎炎を引き起こす可能性があります。多くの場合は、抗菌剤の内服にて直ぐに症状が消えるため容易に考えられがちですが、詳しい尿検査や細菌検査が必要な場合もあります。繰り返さない為にも、しっかりとした治療が必要です。

膀胱炎について詳しくはこちら»

腎盂腎炎

夕方になると高熱がでる、腰が張って重い、尿が濁っている、排尿時に痛みがあるなどの症状があります。腎盂腎炎は腎臓の中の尿が集まる場所である腎盂に感染を起こして発症する病気です。原因は、細菌などが尿道の出口から侵入し、膀胱を経て尿管を通り腎盂まで到達し発症します。治療は抗生剤になります。症状がひどい場合は入院での点滴治療が必要になる場合もあります。通常は原因菌に対して効果の高い(感受性のある)薬剤を7日間程度使用します。膀胱炎と合併する事も多いですが膀胱炎の場合とは異なり、治療期間が長いので根気よく治療を行います。治りにくい場合や繰り返したりする場合には、尿路結石や排尿障害などの他の疾患との合併の可能性もあり精密検査が必要となる場合もあります。

尿路結石症

腎臓でできた結石が細い尿管に落下して、急激に閉塞したために起こる痛みです。結石の大きさや位置にかかわらず激痛となることがあり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。結石の診断がついたら、まず痛みを抑えて、その後、結石の大きさや位置を検討します。多くの小結石の場合は自然排石が原則ですが、大きな結石及び自然排石が不可能と予想される結石は、体外衝撃波結石破砕手術(ESWL)やレーザー砕石器などを用いた内視鏡手術で治療します。手術が必要な場合は医療連携を通じて専門医療機関をご紹介いたします。

腎結石症

腎結石は腎臓の中の尿が集まってくる腎杯、腎盂に結石ができる病気です。砂粒のように小さなものや1cmを超える大きなものもあります。尿管結石の激痛のような自覚症状があまりないことが多いです。超音波検査やレントゲンやCTなどでたまたま見つかることが多く、1cm以下の小さなもので症状がなければ治療せず経過観察することも多いです。1cm以上の大きな結石は体外衝撃波などによる治療が適応となります。

尿管結石

お腹、わき腹、背中の痛み(激痛になることも)や吐き気、嘔吐、時には血尿が出ることがあります。結石の成分によっては通常のレントゲンには写らないものもあり、診断精度が高いのはCT検査です。治療は、発作時の痛みに対しては鎮痛剤で対処します。閉塞性の腎盂腎炎を合併し高熱が出る場合は、重症になることがあるので注意が必要です。38℃を超える熱が出てきた場合は、急いで泌尿器科専門医を受診することをお勧めします。

膀胱結石症

おしっこの時の痛み、血尿、残尿感などの症状があります。膀胱結石症は、膀胱の中に結石がある状態です。診断は、超音波検査、レントゲン検査、膀胱鏡検査などで確認することで診断します。治療は、大きい場合は手術が必要です。通常は尿道から内視鏡を挿入してレーザーやピンハンマーで破砕し除去します。前立腺肥大症や結石ができやすい基礎疾患がある場合は合わせて治療することが必要です。


尿路結石症について詳しくはこちら»

神経因性膀胱

尿を貯めたり、排尿したりするには、大脳から脊髄、自律神経、末梢神経までのさまざまな神経が関連しています。これらの神経が病気になったり、けがをして排尿がうまくできなくなった場合を神経因性膀胱といいます。神経因性膀胱治療は原因疾患や日常生活動作によって大きく左右され、腹圧排尿や叩打排尿、自己導尿によって排尿が自立できるものから、留置カテーテルや人工膀胱などを余儀なくされる方まで様々ですが、きつかわクリニックでは患者様の生活の質の向上を目指した治療法を考えていきます。

神経因性膀胱について詳しくはこちら»

膀胱がん

膀胱は下腹部の骨盤内に位置し、尿を貯めたり出したりする機能をもつ風船状の臓器です。ここにできたがんが膀胱がんです。初期に見つかれば治癒することも可能です。50歳以上の年齢の高い方に多くみられます。女性より男性に多くみられます。タバコは重要な危険因子です。初期症状は、血尿です。無症候性肉眼的血尿とよばれる痛みもなく、頻尿でもなく、単に赤い尿が1~2回出ます。その後、しばらく血尿が消失するため放置されることが多く、次に血尿が出て病院を受診したときは病状が進行し治療が難しくなることがあります。手遅れにならない様に、一度でも血尿が出た場合は泌尿器科専門医を受診しましょう。

膀胱がんについて詳しくはこちら»

尿道狭窄

外傷及び淋菌性尿道炎の不完全な治療後に起きる事が多く、尿道が狭くなり、排尿困難を来たします。内視鏡での切開、あるいは特殊なカテーテルで拡張します。定期的な拡張が必要な場合が多く、根気よく治療を継続する必要があります。

精巣上体炎

陰のうが腫れて、陰のうの痛みと高熱で発症します。原因は細菌感染で最も多いのは大腸菌です。若い男性では性病の淋菌やクラミジアが原因となることがあります。治療は抗生剤になります。炎症反応が強い場合は、抗菌薬の点滴治療を行なう場合があります。痛みや腫れが強い場合は、陰のうの挙上とクーリングを行なうと少し楽になります。 精巣上体炎の後は、精巣上体にしこりが残ることがあります。数ヶ月、数年単位でしこりを触れることもありますが、痛みがなく感染が改善していれば問題ない事が多いです。 場所的には精巣腫瘍との区別が必要な部分で、しこりが触れる場合は自己判断をせず泌尿器科での受診をおすすめします。

精巣上体炎について詳しくはこちら»

包茎

包茎の種類は主に2種類です。真性包茎と仮性包茎があります。真性包茎は平常時も勃起時にも包皮がかぶっていて亀頭部が露出しません。仮性包茎は平常時には包皮かぶっていても勃起時には亀頭部が露出します。
包皮に狭い部分がある場合に無理に包皮を剥いたときに起こり、亀頭部と包皮が締め付けられてむくんだり腫れたりした状態で疼痛を伴います。自分で直すことができなければ緊急で治療が必要な状態で、この状態になった包茎患者さんを嵌頓包茎(かんとんほうけい)と呼んでいます。嵌頓包茎となった場合、あるいは嵌頓包茎を疑う場合は、できるだけ早く医療機関で受診する事をお勧めします。
きつかわクリニックでは包茎相談も行なっております。泌尿器科専門医ですので、真性包茎の場合の手術療法は保険適応となりますが、仮性包茎の場合は保険適応外となります。また、成人以外の手術は行なっておりませんのでご了承ください。

包茎について詳しくはこちら»

包皮亀頭炎

恥后(ちこう)が原因となることが多いです。乳幼児や小児にも多く見られます。よくあるカブレによる亀頭包皮炎の他に、カンジダや溶連菌感染によるものあります。外用薬や内服薬にて治療を行ないます。清潔が必要ですが、こすったり洗いすぎは物理的適刺激になり、治癒の妨げとなりますので注意が必要です。

陰のう水腫

陰嚢水腫は陰嚢の中、精巣の周囲に水がたまって陰嚢が大きくなる病気です。触っても痛みなどは伴わず、それほど硬くはなりません。精巣の周りに水が貯まっている状態で、超音波検査と試験穿刺で診断します。原因は分かっていません。小児の場合など、腹腔内とつながっていることがあるので注意が必要です。小児の場合は自然治癒することもありますが、大人の場合は一次的な穿刺術では根治することはありません。
治療は、根本的に治すには手術が必要です。30分~1時間程度の手術で入院が必要なため、医療連携を通じて専門医療機関をご紹介いたします。

精索静脈瘤

陰のうが腫れ、痛みを伴うことがあります。重症であれば不妊の原因になりますので手術を行います。
疼痛は手術で緩和することが多いですが、手術は除痛目的ではないので注意が必要です。きつかわクリニックでは手術は行なっておらず、医療連携を通じて専門医療機関をご紹介しております。

ED(勃起不全)

陰茎勃起不全のことです。お悩みの方は、気軽にご相談ください。
自費診療となります。
ED外来はこちら»


きつかわクリニックで診察可能な小児の泌尿器科の病気

港区きつかわクリニックでは、お子様のおちんちんの悩みやおねしょの悩みの相談も可能です。 お子様の場合、大人ほど上手に自分の症状や状態を伝えることができません。 小児包茎や夜尿症に関することなどお気軽にご相談ください。

小児のおねしょ(夜尿症)

イメージ写真 お子様のおねしょについては あせらない、怒らない、あきらめないこと が大事です。 しかし、多くのお子様は小学校に上がる前におねしょは無くなっています。 田町のきつかわクリニックではお子様の性別や年齢、おねしょの頻度、時間帯、昼間のお漏らしの有無などを考慮した上で、症状に応じて治療方針を決めていきます。 毎晩のおねしょが数日で治癒することは稀なので、根気よく治療を継続することが非常に大切となります。 おねしょ治療は、生活指導、行動療法やアラーム療法を中心に行い、薬物療法(内服薬、抗利尿剤)などを症例に応じて組み合わせて、根気よく治療していきます。

小児の亀頭包皮炎

お子様のおちんちんがひどく腫れ、辛い痛みが出て来ます。
ひどい場合は痛みで、おしっこが出せなくなることもあります。
多くの場合は、細菌の感染で起こります。触ると痛いので、適切な抗菌薬(飲み薬)で治療を行ないます。 何度も繰り返す場合は、包茎が原因のこともありますので、一度、専門医での受診をお勧めします。

小児の包茎

お子様の包茎は、放っておいても良い場合と治療が必要な場合があります。


  • おちんちんの皮が赤くなることがよくある
  • おちんちんの先から膿のようなものがでる
  • かすが多い
  • おちんちんをよく痛がる
  • おしっこをしているとき、おちんちんの皮が風船のように膨らんでいる
  • おしっこが飛び散る、おしっこの線が細い、おしっこが出にくい

これらの症状が当てはまる男のお子さんは、特に治療が必要となる可能性があり、一度、泌尿器科で診察されることをお勧めします。治療法としては包皮口拡張訓練法、外科手術があります。 港区のきつかわクリニックでは、包茎治療をご希望の場合には包皮口拡張訓練法を中心に行っております。外科手術が必要な場合は、医療連携にて対応可能な病院にご紹介いたします。


2013年8月作成 2018年4月28日最終更新

外来診療時間
8:30~19:30 radio_button_unchecked radio_button_unchecked radio_button_unchecked radio_button_unchecked radio_button_unchecked star remove
star土曜/9:00~13:00 休診日/日祝
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、
夜間加算として約150円(3割負担の場合)ほどかかります。

予約専用電話 050-5846-6397 
代表電話 03-3451-1731 
住所
〒108-0014  東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階  
facebook