性病(性感染症) STD/STI

性感染症とは一般的に性的接触(性交やオーラルセックスなど)によって感染する病気でイメージが悪く恥ずかしい思いをされている方も多いと思います。
しかしクラミジアのように症状がなくても罹患されている方が多い病気もあります。
多くの病気が適切な治療を行えば軽快あるいは治癒します。
症状がある場合には保険診療の対象になりますので、保険証をお持ちになり早めの受診をおすすめします。

 

淋菌性尿道炎

  • 風俗店などでの経口感染が多く見られます。
  • 感染後に症状が現れるまでの期間(潜伏期間)は2日~7日のことが多く見られます。
  • 症状は排尿時の痛み、尿道から膿が出る、亀頭部の発赤腫脹などです。
  • 症状および尿検査で診断します。
  • 内服薬は耐性化が進んでいるため、注射薬を必要とするケースが多く見られます。
  • クラミジアの合併がときどきあります。

クラミジア尿道炎

  • 風俗以外での感染も多く、一般の方にも多く見られます。
  • 潜伏期間は淋菌よりながく1週間~2週間のことが多く見られます。
  • 症状は淋菌性尿道炎と同様ですが、淋菌性尿道炎よりも症状が軽いことが多いようです。
  • 症状および尿検査で診断します。
  • 内服薬での治療になります。
  • パートナーの方の治療も重要です。
  • 女性のクラミジア感染症は症状がないことが多いです。膣スメア検査によって診断します。

性器ヘルペス(単純疱疹)

  • 症状が特有です。ひりひりする。小水疱や潰瘍で診断します。
  • 急性はまれです。抗生剤は反応しないので特別な薬が必要です。
  • 症状が軽症の場合は軟膏治療、中等症の場合は内服治療、重症の場合は点滴治療が必要な場合があります。
  • 再発率が高く、繰り返す再発には予防的内服をおすすめしております。

包皮炎

  • 垢すりや風俗などで感染する人が増えています。
  • 包皮に裂傷(裂けたような傷)ができ、痛みがひどいです。
  • 亀頭と包皮の間のカリの部分に白い垢のようなものがたまります。
  • 細菌性のものとカンジダなどの真菌性のものがあります。
  • 抗生剤による治療を行い、検査結果によってお薬の種類を変えております。

尖圭コンジローマ

  • パピローマウイルスによる病気で、陰部や肛門周囲などに腫瘤が出来ます。
  • 当院ではベセルナクリームによる治療や液体窒素による焼灼を行っております。 大きい場合などは外科的切除をすることもあります。
  • 再発しやすいのが特徴です。

梅毒

  • 硬性下疳と呼ばれる陰茎部の腫瘤、しこりが初発症状のことが多いです。
  • 血液検査で診断し抗生剤の内服による治療を行います。
  • 治療効果は血液検査で判断します。症状が無くなっても治癒が確認できるまで治療を継続することが大切です。

文責:砂倉瑞明


内服薬での治療の場合【費用】(※)

初診時:初診料、検査料、処方箋料及び院外薬局での薬代を含めて、約5,000円程度になります。
※注意:費用は3割負担の場合の目安の金額です。
病状や使用薬剤によっては料金が高くなったり追加の検査や治療が必要になる場合がございます。
無症状の場合や念のための検査、ブライダルチェックとして、STI検診を行なっております。



女性の性行為感染症は、近隣の婦人科クリニックもご案内させていただいております。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日 日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP