排尿障害治療薬ザルティア錠(一般名:タダラフィル)

ザルティア錠(PDE5阻害薬)

排尿障害治療薬タダラフィル(商品名ザルティア錠2.5mg、同錠5mg)が2014年4月17日に発売が開始されました。
「前立腺肥大症による排尿障害」を適応として厚労省に承認された薬剤です。
ザルティア錠[2.5mg][5mg]の2種類が処方可能となりました。
ザルティア錠の成分のタダラフィルは、既に2007年9月から勃起不全治療薬(商品名シアリス)として、2009年12月からは肺動脈性肺高血圧症治療薬(商品名アドシルカ)として、臨床使用されています。

前立腺肥大症に伴う排尿障害には、これまでα遮断薬や5α還元酵素阻害薬(5-ARI)が主に使用されていました。
α遮断薬は、前立腺と膀胱頸部の平滑筋緊張に関与するα1アドレナリン受容体を阻害し、前立腺による尿道の抵抗を減少させスムーズな排尿をうながします。
また5-ARIは、5α還元酵素を阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を抑制することで、前立腺肥大症に伴う尿道の圧迫を軽減して、排尿障害を緩和します。
一方、今回承認されたタダラフィルは、既存薬とは異なる機序で、前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善します。
タダラフィルは、尿道や前立腺の平滑筋細胞においてホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害することにより、局所のcGMPの分解を阻害し平滑筋を弛緩させます。
これにより血流及び酸素供給が増加し、前立腺肥大症に伴う排尿障害の症状が緩和されるものと考えられている。
つまり、前立腺の若返りを促しているとも考えられます。

α遮断薬や5-ARIでは、副作用が問題となっていました。
α遮断薬では、めまい、鼻平肝、射精障害・性欲減退などの性機能障害が認められることがあり、5-ARIでは、勃起不全、リビドー減退、射精障害が比較的多く認められています。
ザルティア錠でも副作用は報告されています。
消化不良、頭痛、CK上昇、筋肉痛、ほてりなど認められており、さらにStevens-Johnson症候群を含む重大な過敏症(発疹、蕁麻疹など)も報告されています。
そのため使用時には十分な注意が必要です。

とはいえ、ED治療薬と同じPDE5阻害作用を利用した前立腺肥大症による排尿障害改善薬は日本で初めてですので大変注目されています。
そして注目すべき点がもう一つあります。一般名称がシアリスと同じタダラフィル錠という点です。
つまりED治療の適応だと販売名がシアリス、前立腺肥大症による排尿障害の適応だと販売名はザルティア、肺動脈性肺高血圧症の適応だと販売名がアドシルカで販売名・規格・コーティングが違うだけで中身はすべてシアリスと同じ薬剤です。

しかし今回承認されたザルティアは「前立腺肥大症に伴う排尿障害」に使用した場合のみ、保険適用になります。
港区きつかわクリニックでは、IPSS、超音波に前立腺体積の測定、尿流測定などの諸検査をお受けいただき適応のある50歳以上患者様にはザルティア錠を処方させていただいております。
少し尿の出方が気になる方は、是非、港区泌尿器科専門医のきつかわクリニックへ。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日 日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP