インフルエンザワクチン予防接種について

インフルエンザワクチン接種について

インフルエンザによる健康被害を抑える方策は、インフルエンザワクチンの接種による予防です。
予防接種を受けておくことで、発病や入院、死亡のリスクを下げることが期待できます。


ワクチンとは?

人はウイルスに感染するとそのウイルスを排除する働きをもった抗体を作ります。抗体ができると次に同じウイルスが入ってきても感染症なります。この免疫の働きを利用するのが、ワクチン接種です。
現在日本国内で使われているインフルエンザのワクチンは、「不活化ワクチン」でと言って安全性が高いワクチンとされています。


インフルエンザワクチンの有効性

インフルエンザワクチンの有効率は、日本国内だけでなく毎年のように新しい調査が実施され、その結果が発表されています。
インフルエンザワクチンは流行を予測してワクチンを製造するため予想が外れた年は効果が低いとされていますが、健康な成人ではおよそ60%程度の発症を防ぐ効果があると考えられています。


インフルエンザワクチンの予防効果の持続期間

インフルエンザワクチンの効果の発現と持続期間には個人差があります。
一般にはインフルエンザワクチン接種後2週間目頃から5カ月間程度効果が持続するとされています。


予防接種を受ける時期

インフルエンザの予防接種は毎年10月中旬頃から開始します。
インフルエンザワクチンを接種してから予防効果が発現するためには、およそ2週間です。
おおむね日本では12月頃からインフルエンザの流行が始まることを考えると、12月頃までにワクチンの接種をお勧めいたします。


予防接種を受ける回数

インフルエンザワクチンは接種を受けるときの年齢によって回数が異なります。
成人の場合、今までに何度かインフルエンザにかかっているので、多少の免疫力を持っています。そのため、予防接種を1回やって免疫力を補強すればよいことになります。
成人の場合、1回接種だと予防効果が64%、2回接種だと94%との報告があります。2回接種した方が予防効果は高まります。
ワクチンの接種は、2回接種の方であれば1-4週の間隔で行うことになっていますが、可能であれば3-4週明けての接種が理想的です。
12歳以下の子供は、インフルエンザに対する免疫力が少ない可能性が高く、2回受けることが必要です。
また、受験生とか、どうしても仕事を休めない職業の人とか、喘息など気管支に持病のある人なども、やはり2回接種の方が間違いがありません。
65歳以上の方も予防接種は2回受けられた方がよいでしょう。
肺炎などの合併症が起こって重症化するのを防ぐという意味で、最も予防接種を受ける必要性が高いのが、この年齢層でもあるからです。


定期接種対象者

(1) 生後6カ月以上(※)13歳未満・・・2回接種

接種間隔はおよそ2~4週間とされていますが、できるだけ4週間程度の間隔をあけて接種した方が免疫の獲得は良いと言われています。
また、1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合は、2回目の接種も12歳とみなして実施します。
なお、平成23年度より13歳未満の接種量は、世界の標準的な接種量と同じ量に変更されています。
(※)一部のインフルエンザワクチンでは「1歳以上」の接種とされている場合もあります。

(2) 13歳以上・・・1回または2回接種

接種間隔はおよそ1~4週間とされていますが、できるだけ4週間程度の間隔をあけて接種した方が免疫の獲得は良いと言われています。
13歳以上であっても、基礎疾患(慢性疾患)があるために著しく免疫が抑制されていると考えられる場合は医師の判断で2回接種とすることもあります。

接種を受けることが適当でないと考えられる方(任意接種の場合)

  1. 明らかに発熱している方
  2. 非常に重い急性疾患にかかっている方
  3. 接種を行うインフルエンザワクチンの成分によってアナフィラキシー()を起こしたことがある方
  4. 上記の方のほか、予防接種を行うことが適当でない状態にある方

() アナフィラキシーとは、医薬品などによって引き起こされることのある急性の過敏反応です。


接種時に注意が必要な方(任意接種の場合)

次のいずれかにあてはまる方は、健康状態や体質などから
接種できるかどうかを慎重に判断した上で注意して接種します。

  1. 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害などの基礎疾患をお持ちの方
  2. 以前にワクチン接種を受けたとき、接種後2日以内に発熱のみられた方、および全身性発疹などのアレルギーを疑う症状を起こしたことがある方
  3. 過去にけいれんを起こしたことがある方
  4. 過去に免疫不全の診断がなされている方、および近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
  5. 間質性肺炎、気管支喘息などの呼吸器系疾患をお持ちの方
  6. 接種するインフルエンザワクチンの成分または鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のものに対してアレルギーを起こすおそれのある方

ワクチン接種後の副反応

インフルエンザワクチン接種局所の発赤、腫脹、疼痛は、接種を受けられた方の10~20%に起こりますが、2~3日で消失します。
発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などの全身性の反応は、接種を受けられた方の5~10%にみられ、稀に蕁麻疹がみられることもありますが、通常2~3日でこれらの症状は消えますので、特別に処置をする必要はありません。
心配な時は医師に相談しましょう。
また、ワクチン接種後の重大な副反応として、ショック、アナフィラキシ―様症状(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあります。
そのほとんどは接種30分以内に生じますので、その間は医療機関にとどまるか、医師とすぐに連絡がとれるようにしておきましょう。

重症な健康被害として、ギラン・バレー症候群が有名ですが、発症率は1/10万です。
また、平成19年度の報告では、ワクチンの推定出荷本数、約2,257万本に対して、ワクチンとの因果関係が不明なものを含め、製造販売業者等からインフルエンザワクチン接種によるものとして、薬事法第77条の4の2第1項に基づき報告された副作用は190件でした。
このうち4名が死亡していますが、いずれもワクチン接種との因果関係は評価できないとされています。
健康被害の原因としてその予防接種を否定できない場合には、医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構法による被害救済の対象となります。
健康被害の内容、程度に応じて、厚生省の中央薬事審議会(副作用被害判定部会)での審議を経た後、医療費、医療手当、障害年金、遺族年金、遺族一時金等が支給されます。

詳細な内容は、医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構
(TEL:03-3506-9411)を参照ください

2017-18年度きつかわクリニックインフルエンザワクチンのご案内です

きつかわクリニック予防接種担当
2017.10.02 更新

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日:日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP