2016-17年度インフルエンザワクチン

2016-17年度きつかわクリニックインフルエンザワクチン

インフルエンザHAワクチン

日本国内ではチメロサールフリーワクチンは製造されません。
チメロサールは有機水銀製剤で、微量でも殺菌効果が高いためワクチンの防腐剤として使用されます。
体に対する影響はほぼ無い、あるいはわずかと考えられます。
供給体制からチメロサールが体内に入ることのリスクよりも、予防接種を行わないでインフルエンザに罹患するリスクがはるかに大きいと判断し、当院でも、保存剤であるチメロサール入りのワクチンを標準ワクチンとして採用致します。
昨年まで、チメロサールフリーワクチンををご希望されていた方も、2016-2017シーズンについてはインフルエンザに罹患するリスクを考慮していただき、国内承認インフルエンザワクチンの接種をご検討いただきますようお願いします。

今年もA型2種類、B型2種類の4価ワクチンです。

  • A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
  • A/香港/4801/2014(X-263)(H3N2)
  • B/プーケット/3073/2013(山形系統)
  • B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)

になります。

10月1日より接種を予定しております。
入荷状況は、お知らせ覧、フェイスブックで更新いたします。
御確認をお願いいたします。

輸入インフルエンザワクチン

フルミスト

2003年にアメリカで承認され、2011年にヨーロッパで承認されていますが、
日本では未承認のワクチン(自己責任:医薬品副作用被害救済制度対象外)になります。
当院でも2013年の開院以来毎年導入しておりました。
米国疾病管理予防センター(CDC)の予防接種諮問委員会(ACIP)の6月の報告では推奨されていません。、
その後カナダからの報告やメーカーからの報告で50-60%の効果があると報告され、その効果への評価が不定です。
そのため、今年は極少数量の取り扱いとさせて頂きます。


インフルバック

2016-2017年度日本製の全てのワクチンはインフルエンザワクチンはチロメサール(防腐剤としての有機水銀:エチル水銀)添加の4価(4種類のインフルエンザワクチン)となります。
今期はチロメサール添加を避けたい方に向けに、チロメサールを含まない3価の輸入ワクチン「インフルバック」も少量採用しております。
しかしながらフルミスト同様、日本では未承認のワクチン(自己責任:医薬品副作用被害救済制度対象外)になります。
製造はアボットで、チメロサールフリーです。

A型2種類、B型1種類の3価ワクチン

  • A/カルフォルニア/7/2009(H1N1)
  • A/スイス/9715293/2013(H1N1)
  • B/ブリスベン/9/2014/(野生株)

以上はWHOにより2015/2016の時期に北半球で推薦されるもので、国内流通のものとは異なります。


輸入ワクチンについては、入荷次第のご案内となります。
輸入ワクチンについてのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
予定しておりましたアグリッパルが入荷が遅れているため、今期はインフルバックを採用しました。

入荷次第、お知らせ覧、フェイスブックで更新いたします。
適時御確認をお願いいたします。


医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日 日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP