脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは

脂質異常症(高脂血症)は、血清脂質値が異常値を示す病気です。
血清脂質値とは、血液の中の脂肪分の濃度のことです。
脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が必要量以上となり、血管の壁に資質がたまり、血管の内腔が狭くなる状態です。

LDL-コレステロールが140mmHg未満、HDL-コレステロールが40mmHg以上、トリグリセライド(中性脂肪)が150mmHg未満です。この三つの値のいずれかがその範囲を超えた状態が、脂質異常症です。
ただし、LDL-コレステロールが140mmHg未満であっても120~139mmHgの間は「境界域」に該当し、動脈硬化を引き起こす脂質異常症以外の病気(高血圧や糖尿病など)がある場合などは治療の必要性が高くなります。


空腹時の血液中の脂質

LDLコレステロール
(LDL-C)
140mg/dL以上 高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL以上 境界域高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール
(HDL-C)
40mg/dL未満 低HDLコレステロール血症
トリグリセライド
(TG)
150mg/dL以上 高トリグリセライド血症

脂質異常症の予防と治療

血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすためには、過食や運動不足によって起こる肥満、ストレス、過労、喫煙、睡眠不足など生活習慣全般を見直すことが重要となります。

脂肪分の多い食事をとると、コレステロール値が高くなり、動脈硬化の進行を早めます。
具体的には、動物性脂肪である肉や卵などのとり過ぎには注意が必要です。

食習慣の面を改善するのと同時に、からだを動かす運動習慣を身に付けることも大切です。
からだを動かすことは、善玉のHDL-コレステロールを増やす効果もあります。
コレステロールには、動脈硬化を進行させるLDL(悪玉)コレステロールと、それを阻止するHDL(善玉)コレステロールがあります。
血液中にLDLコレステロールが増えすぎることによって、動脈硬化が進行するため、LDLコレステロールを減らす治療が必要です。

脂質異常症の診断基準

脂質異常症の治療目標は、LDL-コレステロールは160~100mg/dL(動脈硬化の危険性が高いほど、より低く抑える)、HDL-コレステロールは40mg/dL以上、中性脂肪は150mg/dL未満となります。

これまでは総コレステロール値が220mg/dLを超えると「高コレステロール血症」と呼ばれ、治療の対象となっていたのですが実際に心筋梗塞や脳卒中をおこすリスクが高いのは、コレステロールの中でも、いわゆる悪玉といわれる「LDLコレステロール値」が高い場合となります。

このためLDLコレステロールは脂質異常症を判断するうえで重要な目安となります。

LDLコレステロールの計算式(Friedewald[フリードワルド]の式)

LDLコレステロール=総コレステロール-HDLコレステロール-中性脂肪/5 (空腹時採血で)

※中性脂肪〔トリグリセライド〕値が400mg/dL以上の場合は、この計算式はつかえません。
LDLコレステロールを直接測定します。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日:日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP