頻尿とは?

頻尿とは?

尿が近い、トイレの回数が多い場合は、頻尿と呼ばれる症状かもしれません。

一般に頻尿とは、一日のお小水の回数が8回以上、あるいは就寝している間に2回以上お小水に行く(夜間頻尿)場合に頻尿と考えられています。

一概に回数だけではきめられず、一日8回以下の排尿回数でも、ご自身で排尿回数が多いと感じているときは頻尿といえます。

人により尿の近い時間帯も異なります。若い人の場合、大抵は夜間にトイレに起きることはありませんが、40歳以上になると約4,500万人の人が夜間1回以上、排尿のために起きるといわれています。夜間就寝中に排尿の為に起きなければならない症状を夜間頻尿といいます。夜間頻尿は年齢を重ると頻度が高くなり、日常生活に支障をきたす症状となります。

一方、頻尿は昼間の排尿の回数が多いことを意味し、夜間の頻尿である夜間頻尿とは区別されています。夜間頻尿になると、睡眠障害になったり、寝ぼけたままトイレに行くため転倒によるケガの心配も出てきます。

夜間頻尿について詳しくはこちら»

女性泌尿器科対象の主な症状

頻尿の原因は様々ですが、大きくは膀胱の容量の低下(膀胱の過敏性、残尿、排尿障害)、尿量の増加(多尿:尿量が多いこと)と心因性に分けることができます。

胱容量の低下

膀胱容量の低下(150~200ml以下)、つまり膀胱にたまる量が少なくなることが原因です。
一日の尿量が変わらず、膀胱の容量が小さくなるとトイレに行く回数は必然的に多くなります。
膀胱容量が直接小さくなる場合と、膀胱容量は変わらす利用できる容量が小さくなる場合があります。
前者は膀胱炎のような炎症性疾患、過活動膀胱、間質性膀胱炎などでみられます。後者は前立腺肥大症であったり、神経因性膀胱で見られます。
また、見逃してなならない疾患として、膀胱がんがあります。膀胱がんの代表的な症状は血尿ですが、頻尿を訴えて受診される患者さまもみられ、頻尿がある場合は考慮すべき疾患ともいえます。

前立腺肥大症について詳しくはこちら»

過活動膀胱について詳しくはこちら»

膀胱炎について詳しくはこちら»

膀胱がんについて詳しくはこちら»

膀胱の過敏性

膀胱が過敏になると、膀胱に尿が十分にたまる前に、膀胱が自分の意思とは関係なく勝手に収縮します。
これにより急に尿意が出てきて我慢ができず(尿意切迫感)、トイレに何回も行くようになります。
一回の排尿量が減少するため頻尿になります。このような状態は過活動膀胱と呼ばれます。

過活動膀胱について詳しくはこちら»

残尿量の増加と排尿障害

膀胱内に残尿があると、結果的に尿を溜められる膀胱のスペースが減少(機能的膀胱容量の低下)するために、1回の排尿量は少なく、何回もトイレに行くようになります。
前立腺肥大症や神経因性膀胱などにより膀胱にたまった尿を十分に出し切れないことにより、排尿の効率が悪くなり何度もトイレに行くようになります。
脳脊髄腫瘍や脳梗塞などの脳血管障害、多発性硬化症、パーキンソン病などの病気の他、子宮や直腸の病気で手術や放射線療法を受けた人や、糖尿病で膀胱の神経が麻痺している状態の人に起こります。
膀胱を収縮させる神経が障害されると、膀胱がうまく収縮できなくなり排尿障害が起こり、残尿が発生します。

尿量の増加

膀胱や尿道に問題がなくても、尿の量が増える場合にやはり頻尿となります。この場合には、1回の排尿量は正常(150~200ml以上)であるにも関わらず、何回もトイレに行くことになります。

尿量が多くなる原因として糖尿病や腎機能低下などがあります。水分の多量摂取、薬剤(利尿剤)による尿量増加や利尿作用があるコーヒーやお茶などもが頻尿の原因となることもあります。また、飲水量は排尿量と密接に関係しており、たくさん水分をとる人はその分トイレに行く回数も増えてきます。

心因的要因やストレス

排尿には心理的要因が関わってくることが少なくありません。心因性頻尿は、膀胱・尿道の病気もなく、また尿量も問題ないにも関わらず、トイレのことが気になって何回もトイレに行ってしまう状態です。
例えば試験や試合、デートや会食、発表会や演奏会、大事な面接や会議、プレゼンテーション等々人それぞれの勝負時や本番など、緊張する場面でトイレが近くなる状態は誰でも経験することです。
この状態が一過性の現象として終わらず、その後も排尿回数が日常生活に支障をきたすほど頻繁になってしまう場合があります。
心因性なので、夜寝てしまえば排尿のことを気にすることはないので、通常夜間の頻尿はないことが多く、また朝起床時の排尿量は正常です。

頻尿の対策

頻尿の原因は多彩で、性別によりその原因もかわります。
男性の頻尿の場合は前立腺肥大症が原因になることが多く、女性の頻尿の場合には膀胱炎が多いです。
また重大な病気に関係することもあります。もし、単純に水分を多く摂取しているだけであれば、水分摂取の調節により、頻尿は改善しますが、病気に関わるような場合は、原因を明らかにして、原因に応じた適切な治療や対処をする必要があります。

原因が思いあたらない場合には、港区泌尿器科専門医きつかわクリニックで受診してみましょう。

頻尿の検査

泌尿器科専門医のきつかわクリニックでの検査手順
問診表の記載と問診
問診によって、頻尿になった経緯や経過時間、頻尿のタイプを予測します。

尿沈査検査
尿の中の成分を顕微鏡で観察し、尿に炎症成分が混ざっているかを判断します。
→膀胱炎の場合は膀胱炎の治療に入ります。

男性の場合は直腸診を含めた泌尿器科専門医による診察をいたします
→前立腺炎や前立腺肥大症などの疾患を除外いたします。

残尿測定
→機能的膀胱容量の減少の有無を確認します。
ここまでを初診の日に行います。

排尿記録用紙の記載
メモリのついたコップ、専用の記録用紙をお渡しします。
一日の排尿量や排尿パターンが判る重要な検査になります。

超音波検査
膀胱結石や前立腺肥大症、膀胱腫瘍などの疾患の除外をします。
特定の疾患が見つかれば、疾患ごとに治療になります。

上記の検査以外にも、尿細菌培養検査や尿細胞診検査、採決にてPSA検査や内分泌検査を行うこともあります。

上記の検査にて、ほとんどの場合が頻尿の原因を見つけることができます。
その後、それぞれの原因について薬物療法(内服薬による治療)を行ったり、行動療法を行ったりします。

頻尿かな?と思ったら一度、港区泌尿器科専門医のきつかわクリニックでご相談ください。
おもわぬ原因を指摘されるかもしれません。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日 日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP