糖尿病

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病とは、膵臓で作られる血糖を下げる働きを持つインスリンというホルモンが不足したり、働きが悪くなることで、血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込まれず、ブドウ糖の濃度が高くなった(=高血糖)状態が続く病気です。発症時にこれといった自覚症状が無い事も特徴で、発症に気が付かない場合がほとんどです。

糖尿病のタイプ

1型糖尿病

膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が、ウイルス感染などをきっかけに免疫異常により破壊されて、身体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。しばしば子供時代に発症することがあります。


2型糖尿病

両親からの遺伝で、インスリンが元来出にくい体質(両親にはっきり糖尿病の方がいなくても糖尿病遺伝子は隠れていることがあります)であり、運動不足や脂肪の過剰な摂取などの悪い生活習慣が続いた結果、インスリンの働きが悪くなる条件が組み合わさって発症します。日本の糖尿病患者の95%以上はこのタイプです。
その他に遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気などが原因となるもの、妊娠糖尿病などがあります。

糖尿病の3大合併症

高血糖状態が続くと、やがて全身の血管が蝕まれ、様々な合併症を引き起こします。

  • 糖尿病網膜症(失明に至ることもあります)
    →昨今の失明の原因の第1位
  • 糖尿病腎症(腎臓の機能が低下し、やがて透析に至ることもあります)
    →透析導入の原因の第1位
  • 糖尿病神経障害(高頻度に発症します)

しかもこれらの合併症は何の自覚症状もなく、少し血糖値が高い「糖尿病予備軍」と呼ばれる初期段階から密かに進行していきます。
そのため糖尿病と診断されたら少しでも早く治療を開始し、食事療法・運動療法を含めた治療を継続することが大切です。


糖尿病が疑われるとどんな検査をするの?

糖尿病が疑われるばあい、糖尿病が診断するために血糖、ヘモグロビンA1cなどの採血検査、尿糖、尿ケトン体、尿中アルブミン検査などの尿検査を行います。糖尿病と診断された人は、眼底検査、心電図検査、レントゲン検査も必要になります。
当院では、糖尿病が心配で受診された患者さまの場合、まず血糖検査と尿検査を行なうことが多いです。
異常値の観られた人は、糖尿病の詳しい検査(ヘモグロビンA1c、血中インシュリン濃度等)を行います。


糖尿病の診断基準

糖尿病の診断基準は、空腹時血糖が126mg/dlを超えたり、300kcal相当のブドウ糖液を飲んだ2時間後に血糖値が200mg/dlを超えたりしたときに糖尿病と診断されます。


糖尿病の主な自覚症状

急な体重の減少 とても喉が渇く このごろ
太ってきた
尿の回数が増えて、
量も多い
だるい、
疲れやすい
手足の痺れ 立ちくらみがする 足がむくむ、
重くなる

糖尿病の治療法

糖尿病初期の段階であれば、食事療法と運動療法が中心となります。
初期の段階であれば、食事を減らしたり、運動を少し増やしたりするだけで血糖値が改善することも少なくありません。
また進行した際には、薬物療法が必要となります。
薬物療法には血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど分泌されない人やかなり不足してしまった人のためのインスリン注射、インクレチン製剤注射があります。


喉がかわく、尿回数が増えたなど、お気がかりのある方はどうぞきつかわクリニックまでご相談下さい。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日:日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP