膀胱炎

膀胱炎(ぼうこうえん)とは

膀胱炎は、多くの女性が経験する病気で、女性の2人に1人は生涯で一度は経験するとも言われています。
働く女性や更年期の女性に多いのが特徴で、尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起こる病気で、大半は細菌によるものです。
トイレを我慢したり、冷えやストレスを溜めることで悪化することがあります。
放っておくと、辛い痛みや血尿、さらには、高熱の原因となる腎盂腎炎を引き起こす可能性があります。
一度発症すると、何回も繰り返すこともあり、かかった人は再発しないように、経験のない方でも予防をしっかりとしておくことが大切です。

きつかわクリニックのサイトでは膀胱炎の原因や症状、種類、治療、膀胱炎のよくある疑問についてなど、詳しく解説しています。 もしかしてこれって膀胱炎?と思ったら、しっかりと治療することが大事です。 膀胱炎の種類によって、治療法もことなりますので、もしかして?と思ったらまずきつかわクリニックにご相談ください。

膀胱炎の症状

~主な症状~
  • 「トイレが近くなる」
  • 「おしっこをすると痛い」
  • 「尿をしたあともすっきりしない」
  • 「尿が濁ったり、血が混じる」  など

膀胱炎の初期症状は、トイレに行く回数の増加です。1回量が少なくなります。
進行して症状の強い時は、10分間隔でトイレに行くことも少なくありません。
そして排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。
尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。
また、排尿の終わりから排尿後に痛みを伴ってきます。
膀胱炎の痛みでよく言われるのが、「つーんとしたしみるような痛み」です。
これは炎症を起こした膀胱が排尿により急激に縮まり刺激されるためおこり、下腹部や尿道口の痛む場合が多いです。
さらに悪化すると、排尿時に焼け付くような痛みがあったり、残尿感はますますひどくなり、トイレから出られなくなることもあります。
膀胱炎がさらに悪化すると、腎盂腎炎や腎臓への感染が起こる場合があります。
膀胱炎の疑いのある症状が出た場合、早めにご相談ください。

膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあります。
特に高齢者などは、違う症状で尿検査をしたら膀胱炎だった、ということもよくある話です。

膀胱炎の原因

膀胱炎とは、尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起こる病気で、尿を溜めたり、排尿するという膀胱機能障害がおこります。
膀胱炎のほとんどは、膀胱が細菌に感染することで起こります。

膀胱炎の原因は、ほとんど細菌感染で外部からの尿道を介して膀胱の中に雑菌が入ることにより引き起こされるものです。
疲労やストレスなどで、疲労が起こると免疫力が低下し、細菌に感染しやすくなります。
膀胱炎の原因となる細菌は80-85%が大腸菌です。黄色ブドウ球菌を5-10%に認めます。
その他、肺炎桿菌、プロテウス、シュードモナス属、エンテロバクターなどの感染によっておこります。
稀ではありますが、ウイルス感染、真菌感染でおこることもあります。

膀胱炎は、ほとんどが女性に発症します。
それには、女性のカラダの構造が関係しています。
女性は尿道が4~5cm程度と男性に比べて1/3くらいの短さなので、外部からの細菌が膀胱に辿りつきやすい構造になっています。
膀胱炎の原因となる細菌感染は、清潔に保てなかったり、不潔な状態で性行動をすることで起こります。
欧米では、若い女性の膀胱炎の75-90%は性交渉が原因とする報告もあります。
しかしながら、もともと膀胱粘膜には細菌に対する防御力が備わっているので、普通、膀胱に細菌が入ってもすぐには膀胱炎にはなりません。
膀胱の主な働きのひとつである排尿は、尿道や膀胱に存在する細菌を尿で洗い流す役割があります。
トイレを長時間我慢して膀胱が伸びきったり、長時間にわたって冷えたりすると、膀胱内の血流量が減って、防御機構が弱くなり、細菌が繁殖して膀胱炎になりやすくなるとも言われています。

膀胱炎の原因は、日常のちょっとした心がけで改善することができます。
当てはまる部分がある場合は、膀胱炎になってしまう前に、気をつけ、改善するように心がけましょう。

膀胱炎の種類

単純性膀胱炎(急性膀胱炎)
いわゆる膀胱炎と一般的に呼ばれる病気です。基礎疾患のない女性がほとんどです。男性は極めてまれです。
ほとんどは尿道から大腸菌が入り込んで起こります。
普通の健康な人が多いのでやはり、ストレスや過労による疲れや、風邪や無理なダイエットなどでの体力消耗した時や、尿意があるのにトイレを我慢する、体の冷えなども原因の一因として考えられます。
膀胱炎になると、1日に10回以上トイレに行くような頻尿になります。
また、排尿後もすっきりしない残尿感がでたり、排尿後や尿の終りに、下腹部に響くような痛みが起こります。
尿が白く濁ったり、血尿が出たりします。
通常膀胱炎だけで熱が出ることはありません。高熱が出た場合、腎盂腎炎などを起こしている可能性があります。
急性膀胱炎の治療には、抗生物質を使用します。使用後数回から数日で症状は劇的に改善します。
再発を防止するために決められた期間しっかり内服を継続することが大切です。
複雑性膀胱炎(慢性膀胱炎)
症状の強い単純性膀胱炎とは異なり、慢性膀胱炎は症状は軽い場合が多いです。急性から慢性になってしまう場合があるようです。
慢性膀胱炎の場合、基礎疾患がある方が多く男性でも見られます。
何らかの基礎疾患が原因となり、細菌が膀胱内に侵入・繁殖し、膀胱粘膜に炎症を起こします。
症状は、急性膀胱炎とほとんど同じで、トイレの回数が多い頻尿や、排尿時の痛み、排尿してもすっきりしない残尿感があるなどがあります。
いずれも軽い症状で、自覚症状がない場合もあります。
原因となる基礎疾患には、前立腺肥大症や膀胱結石、尿路結石、糖尿病、腫瘍などがみられます。
例えば、膀胱結石である場合などは膀胱内の細菌の繁殖・感染が長く続きます。
慢性膀胱炎の治療は、細菌が原因で自覚症状がある場合は抗生剤を使用します。しかし原疾患がある場合、細菌を完全に取り除くことは困難です。
症状に合わせたお薬を選択し、治療していきます。
間質性膀胱炎
間質性膀胱炎は、単純性膀胱炎と同じような症状があらわれることから間質性膀胱炎と名前が付けられたと言われます。
単純性膀胱炎と同じように昼夜を問わず尿の回数が多い頻尿を認めたり、尿意が起こり我慢できない尿意切迫感を感じたり、膀胱の痛みなどがあります。
痛みは排尿時の痛みではなく、尿がたまった時に強い痛みが出てきます。
原因は明らかにはなっていませんが、ある種の食べ物をとると強くなったりすることより尿中に排出される物質などの関与が示唆されています。
ここ数年で定着してきた概念で、これまでは急性膀胱炎と診断されることが多く、間質性膀胱炎と診断されるまで、長い時間がかかっていたことも事実です。
通常いくつかの方法を組み合わせて行い、完全に治癒することを目指すのではなく、症状の緩和、消失を目標に行います。
また、熟成チーズ、赤ワイン、大豆、柑橘類や炭酸飲料など酸性が強いもの、わさびや唐辛子、こしょうなどの香辛料、コーヒーなどカフェインの多く含まれているものを食べた後に痛みが強くなるといわれています。
ご自身の症状と合わせて、ご自分にあった食事を見つけていくことも大切です。

膀胱炎の検査

まず問診を行います。膀胱炎が疑われる場合、尿検査を行います。
一般尿検査ではタンパクや糖、ケトン体、潜血反応など見ます。膀胱炎の場合、タンパクや潜血反応に反応が出てきます。
泌尿器科では、さらに尿沈渣を行います。尿を遠心分離機にかけて、尿の中の成分を分離させ、尿中の成分を調べる方法です。
尿の中には、腎臓や膀胱の状態を知るためのいろいろな細胞が浮遊しています。それらを遠心機に掛けて集めて調べます。
炎症が尿路にある場合は、尿中に白血球と呼ばれる細胞を多く認めます。また、顕微鏡で細菌を同定することもできます。
そのため、採尿から10分程度のお時間がかかります。
細菌の種類を決定するには尿培養と呼ばれる検査が必要です。細菌と特殊な環境で育て菌の種類を決定します。
さらにどの種類の抗生物質が効果があるかを薬剤感受性検査で調べます。おおよそ4日から7日程度かかります。
これは非常に重要な検査で、よくある大腸菌でも通常使われる抗生剤が効かない場合に適切な抗菌剤が選択できます。
女性の場合、膣が近く帯下が尿に混入してしまうと婦人科疾患も膀胱炎と同じような検査所見となってしまい、間違って膀胱炎と診断してしまう場合があります。
採尿の際は出始めの尿は採取せず、必ず途中からの尿(中間尿)を採取してください。

膀胱炎の治療方法

膀胱炎の治療方法は、原因や程度によって変わってきます。
急性膀胱炎や慢性膀胱炎で細菌が原因と考えられる膀胱炎の場合、抗生物質の投与が主な治療方法になります。
急性膀胱炎の原因菌は大腸菌がおおいので、大腸菌に有効なニューキノロン系やセフェム系の抗生物質を処方いたします。
急性膀胱炎の場合、内服薬は4~5日の処方になります。飲み始めて1~2日で症状は落ち着く方がほとんどです。
数日薬を服用した後、自覚症状がなくなり、尿検査で炎症所見が消失すれば内服薬を中止できます。
以前は、膀胱炎はどんな抗生物質を飲んでも効きましたが、最近は耐性菌が多く存在するため、細菌検査で薬剤感受性を見つつ薬を選択しないと、簡単に慢性化するようになりました。
そういう意味でも泌尿器科での治療をお勧めいたします。
複雑性膀胱炎の場合は、罹患期間も長い方が多いのでその分治療期間もかかります。
症状を抑える治療を行いながら基礎疾患の治療を並行して行います。

膀胱炎の治療薬

膀胱炎の治療には、内服薬を使用します。
膀胱炎の原因、症状により、いろいろな薬剤を使用します。
膀胱炎の多くを占める急性膀胱炎などの細菌性の膀胱炎は、大腸菌によるものがほとんどです。
その場合、治療のためには抗生物質を処方します。
抗菌剤には、クラビットに代表されるニューキノロン系剤、パンスポリンやフロモックスなどのセフェム系剤、サワシリンやビクシリンなどのペニシリン系剤を使用します。 特にニューキノロン系剤は、非常に広範なスペクトルを持つ抗菌剤で、多くの菌に効果を示します。
処方された抗菌剤の服用を続けても、症状が改善されない場合は、耐性菌の場合が多く尿培養や薬剤感受性検査の結果を踏まえて薬剤の変更を行います。
細菌が原因ではない膀胱炎の場合は、抗菌剤を飲んでいても、効果はありません。
膀胱炎により起こる、頻尿や残尿感などの不快感を取り除くために、当院では漢方薬を併用します。
漢方薬は個々の患者様の体調や体格などに合わせて、保険適応のエキス剤を使用しております。
また、よほど痛みがひどい場合は鎮痛剤を併用することもあります。

膀胱炎の予防法

膀胱炎は、一度発症すると、何回も繰り返すこともあり、かかった人は再発しないように、経験のない方でも予防をしっかりとしておくことが大切です。
膀胱炎の予防は「清潔にする」、「細菌を増やさない」、「抵抗力を保つ」を心掛けましょう。

「細菌の侵入を予防する」の意味は、膀胱の中に菌を入れないということです。
特に女性は、尿道と膣や肛門が近くにあり、菌が入りやすくなっています。
大腸菌の感染によって起こるのが一般的なので、局所の清潔を保つように心がけることも効果的です。
また便秘気味の人も膀胱炎になりやすいと言われますので、長期便秘にも気を付けましょう。
排便後は前から後ろに拭くようにし、尿道に大腸菌が触れるリスクを少しでも減らすようにしましょう。
生理ナプキンやおりものシートは、3時間おきなど、こまめに交換するようにします。
しかし、清潔を保とうとして、シャワートイレなどで過度に洗浄すると逆に炎症を起しやすくなりますので注意が必要です。
性交渉時には細菌が感染しやすくなります。
万一細菌が尿道に侵入しても尿で洗い流せるよう、特に膀胱炎になりやすい女性は、性行為後は排尿する習慣をつけ、尿道や膀胱に入った細菌を排出するようにします。
また性交渉を通じて感染することが多いため、不特定多数との性交渉を避けることが一番。性交渉の際にコンドームを着用する心がけも大切です。

「細菌を増やさない」の意味は、膀胱内で菌を増やさないということです。 膀胱に貯まっている尿には、細菌の繁殖に必要な栄養分が含まれ、そして体の体温で繁殖しやすい温度が保たれています。
トイレを我慢し、膀胱に尿を溜め込むことを続けていると、膀胱に炎症を起こしやすくする可能性があります。
トイレは我慢せず、尿意がなくても、3~4時間ごとに、トイレに行く習慣をつけ、膀胱内の細菌を早めに排出するようにします。

「抵抗力を保つ」にはストレスや無理なダイエット、過労などはなるべく避け、身体を健康に保つように心がけます。
風邪を引いたり、睡眠・栄養が不足している時は、体の免疫力が低下し細菌に容易に感染してしまいます。
また、体が冷えたり、血流の低下などが起こると膀胱や膀胱の周りの機能が鈍くなり膀胱炎の原因になることが考えられます。
体を冷やさないようにしたり、軽い運動などにて血流の滞りをなくすような生活を心がけましょう。

膀胱炎になったら何科を受診しますか?

膀胱炎になった場合、泌尿器科での受診をおすすめします。
膀胱炎の診断には、尿検査が必要になります。
近くの病院やかかりつけの病院に泌尿器科がない場合は、内科や婦人科などでも、診察はしてくれますが詳しい尿検査(尿沈渣)や尿培養が行われない場合もあります。
耐性菌の問題や再発などもありますので、できる限り泌尿器科で受診をしましょう。

 

早く良くなるためのポイントは?

まずは薬をきちんと飲み、水分をいつもよりたっぷりと取ってください。
薬を飲むときはたっぷりの水で飲み、20~30分は横にならないようにします。
症状を早く軽減させるためにも、薬はきちんと指示どおりに飲みましょう。
普段より尿を我慢しない、水分を多く摂る、性交後は必ず排尿するなどの予防法が効果的です。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日 日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP