風邪

風邪(かぜ)

風邪は病名ではありません。正式には「風邪(かぜ)症候群」といって、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称です。
細菌やウイルスが鼻、のど、気管支などに侵入して感染し、急性の炎症を伴う病気です。
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こります。
鼻腔、咽頭、喉頭などの上気道に起こりやすく、急性上気道炎、感冒などとも呼ばれています。
時に、気管、気管支にも炎症が波及することがあります。

風邪の原因

風邪の原因微生物の80~90%はウイルスです。まれに一般細菌、マイコプラズマ、クラミジアなどによる場合もあります。

ウイルスや細菌が、咳、くしゃみ、手などから、直接鼻や口へ入って感染します。
誘引としては乾燥、寒冷、温度変化などのほかに、疲労や睡眠不足などもあります。

風邪の症状

風邪(かぜ)をひくと起こる症状はすべてが防御反応です。
体がウイルスと戦っていると、粘膜内部の組織に炎症が起こります。
どの粘膜の炎症が起こり、咳やたんで異物を外へ出そうとします。
鼻の粘膜の炎症がおこるとくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状を引き起こします。
さらに体温調節中枢を刺激されると、発熱、筋肉痛、全身倦怠感、食欲低下 、頭痛、関節痛などの全身症状もあります。
さらに、吐き気、腹痛、嘔吐 下痢などの消化器症状が起こることもあります。

風邪の検査

のどや鼻の診察を行います。咽頭壁や扁桃、鼻中隔の観察を行います。
聴診器を用いた聴診で、肺の呼吸音の変化をみます。
消化器症状のある場合はおなかの診察を行います。
時に尿検査を行うこともあります。
初期の風邪や軽症の場合は、これらの検査でかぜと診断されることがほとんどです。

しかし、細菌感染あるいは細菌感染の合併が疑われる場合は採血検査を行います。
また、せきが多くて発熱が4、5日以上続くときには、肺炎を疑いながら胸部レントゲンを撮影することが大切です。

インフルエンザが疑われる場合はキットによる敏速検査をすることが必要になります。

風邪の合併症

風邪にかかって抵抗力が落ちていると、合併症を引き起こす危険があります。
特に下記の症状がみられる時には、油断せず早めの受診が必要です。
  • 38度を超える発熱(急激に38度を超える場合も)
  • 黄色や緑色の鼻汁、たん(細菌による二次感染が疑われるため)
  • ひどい、あるいは長く続く咳・たん(他の呼吸器疾患などが疑われるため)
  • ぜんそくなどの慢性呼吸器疾患、糖尿病、心疾患などの基礎疾患を持っている人(重症化しやすいため)

風邪の治療法

風邪の治療法は休養と薬物療法があげられます。
風邪(かぜ)の原因であるウイルスに直接効くくすりは現在市販されている一般用医薬品の中にはありません。
症状を和らげるくすりを上手に使って、体が自分の力で治るのを助けましょう。
症状によって合わせた薬を使用します。
熱が高い場合は解熱の薬(ロキソニン、ボルタレン、カロナール、ブルフェン)、咳がひどい場合は咳止めの薬(アスベリン、メジコン、フスコデ)、鼻水がひどい場合は鼻水の薬(PL顆粒、ポララミン、アレグラ)など、症状にあわせて薬を服用します。
細菌感染を起こすこともあるので、抗生物質(クラリス、フロモックス、ルリッド)を内服することもあります。

風邪の症状は人により千差万別

きつかわクリニックでは患者さんがもっともつらく感じている症状を中心に、お薬を組み立てていきます。そのため総合感冒薬は基本的に用いておりません。 そのため同じ風邪でも一人一人お薬が異なります。

風邪の漢方治療

漢方薬はかぜの諸症状を和らげるだけではなく、それとともに人間がもともともっている自然治癒力を高める手助けをしてくれます。

きつかわクリニックでは、それぞれの体の状態を確認して、正常に引き戻すための漢方薬を用います。単独で用いる場合もございますが、西洋薬との併用にて風邪症状を治療しております。

風邪の経過

発熱やのどの痛みなどの症状は1週間以内にはなくなることがほとんどです。
しかし咳やのどの違和感が長引く場合は、再度の受診をおすすめしております。

風邪の注意点

安静、保温、栄養が風邪(かぜ)の養生3原則です。
まずは無理をせず安静にしてゆっくり休むことです。部屋を暖かくして湿度を60~70%に保つように心がけてください。
さらに、抵抗力を高めるには栄養が欠かせません。消化のよい良質のタンパク質やバランスのとれたビタミンなど、栄養価の高いものをとりましょう。
また、高熱が出たときは発汗のため脱水症状を起こしやすくなるので、こまめな水分補給を心がけましょう。
胃腸を休めるために消化によい食事をとることも大切です。

風邪は万病の元ともいわれますので、早めに受診して治療を受けましょう。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日:日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP