男性更年期(加齢男性性腺機能低下症)/LOH症候群

男性更年期(加齢男性性腺機能低下症)/LOH症候群

集中力が続かない、体がだるい、やる気がしない、のぼせや動悸がするなど最近、体調が悪いと感じていませんか?
昔から女性には更年期があることが知られていますが、当然男性にも起こります。男性更年期は、男性ホルモンの低下、つまりテストステロンの低下によります。
このテストステロンは20~30歳にピークとなり、加齢とともに減少します。60歳以上の19%、70歳以上の28%で若年男性の基準値を下回ります。
また、睡眠、食事、ストレスの影響でも影響があります。

テストステロンは生存には必須ではないですが、社会的活動性に非常に関係します。そのため、アンドロゲン低下に伴う臓器機能低下のみならず精神症状にも影響します。男性更年期障害は多彩な症状を呈し、アンドロゲン低下に伴う臓器機能低下を示すことから、
LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症)と呼ばれ、最近話題になっています。

LOH症候群の症状

身体症状(からだの痛み、筋力の低下)、精神症状(抑うつ気分、不安、不眠)、性機能症状(性欲減退、勃起力の低下)を主体としています。疲労感や何となくやる気が出ないなどはっきりしない症状が多く、下部尿路症状、認知症とも関連が深いといわれています。
また、テストステロンの数値と更年期の重症度は必ずしも相関がない場合もあり、年齢でのテストステロン減少のスピードが速い患者さんの方が重症度が高いともいわれます。症状の重症度の判定に、きつかわクリニックではHeinemannらによるAging males symptom(AMS)スコア(質問用紙)を用いています。

加齢男性性腺機能低下症の診断

前述のAging males symptom(AMS)スコアやうつに対する問診表を参考に、採血にてテストステロン値を測定します。
テストステロン値は日内変動があり、きつかわクリニックでは午前中の採血をおすすめしています。
また、肥満や糖尿、うつ症状を呈する患者さまでも低値をしめすことがあり、症状により複数回の採血をお勧めする場合があります。

男性更年期/LOH症候群の治療

まず、生活習慣の改善を行ないます。食事や運動療法などにより適切なテストステロンの分泌を促します。
さらに男性ホルモン値が年齢相当より明らかに低い場合、男性ホルモン補充療法を行ないます。
テストステロンの補充療法には、注射や軟膏による方法があります。
きつかわクリニックの男性更年期外来では注射による補充療法を中心に行なっております。
補充療法を行なう場合、3ヶ月をごとに採血等による副作用のチェック、改善度を評価し投与量の調節を調整を行ないます。また、漢方薬の併用によりよりよい効果を得られることがあり、患者さま毎にご相談しながら漢方薬を追加で処方をしております。
一方、前立腺がんやPSA高値、中等度以上の前立腺肥大症、重度の肝機能・腎機能障害など方は、ホルモン療法の除外基準に該当し、補充療法の対象とならないことがあります。
この場合は、症状に合わせて漢方薬をお試し頂いております。

テストステロンが一貫して低いと代謝異常や心血管疾患などの健康リスクが高まります。不眠、動悸、めまい、寝汗、のぼせなどの症状でお困りの方は、ぜひ一度男性ホルモン値(テストステロン)を測定されることをおすすめします。一度、港区きつかわクリニック男性更年期外来で受診ください。

医院概要

診療科目
泌尿器科・内科・在宅医療
住所
〒108-0014
東京都港区芝5丁目-31-16 YCC田町ビル4階
電話番号
予約専用:050-5846-6397
代表電話:03-3451-1731

大きな地図で見る
外来診療時間
外来診療時間
8:30~19:30
★土曜:9:00~13:00、休診日:日曜日、祝日
◎医師の御希望がある場合は、予約の際にご指定ください。
※診療時間内であっても受付時間が午後6時を過ぎると、夜間加算として約150円
 (3割負担の場合)ほどかかります。

PAGETOP